FXは何の取引?

FXは手軽にできる投資として人気が高いです。株などと違い瞬間的に利益が出るほか、大きな資金を必要としない投資として、誰でもすぐに始められる投資の一つです。詳しい知識を必要としない点においても人気がある理由の一つでしょう。ですが、為替について少し知っておく必要はあります。為替は毎日変動します。例えば1ドル100円、95円50銭等、ニュースなどで良く聞く数字があります。それがFXの基本になります。まず、FXを始める場合、証拠金をFX業者に預けます。現在1ドル90円の時点で、買いの取引を開始し、暫く待っていると、3分後に1ドル92円になりました。ここで取引をやめて決済すると2円の値上がりで、FXの証拠金と掛け金が2円分儲かるという仕組みになっています。もちろん2円の利益ではなく、例えば最初に1円上がったら1,000円の儲け、というように、証拠金(掛け金)をかけます。要するに、為替レートの動きに対して、上がるか下がるかの差額を買いか売りで取引をすることで得や損をするのがFXです。それでは、株取引の場合も株価の上下での取引になりますが、1つの株を買うには、そんなに安くはないということと、急激な動きをすることが多い、または、まったく動かないなど、少し株についての知識がないと始めることができません。日経225や先物取引に関しても、元手もかかりますし、動きに関しては、かなり緻密なデータがなければ損ばかり先行すると言われています。

FXは何の取引?

FXのメリット

FXのメリットは、資金を大きくすることができる可能性がある投資の部分です。現在金融機関に、貯金として預けたとしても、金利は雀の涙程度のもので、低金利と言える氷河期と言われています。しかし、FXの場合、少ない証拠金から、毎日少しずつ増やすことができる投資です。株取引のように、動き・・・

FXのデメリット

FXには大きなデメリットもあります。簡単に始められて、少ない資金で大丈夫というのは、メリットとしては大きいです。これはもちろんデメリットではなく、株や先物取引などと比べても、優位に始められます。問題は、25倍の取引ができる点です。儲かれば25倍ですが、損をしても25倍です。資・・・